2013年04月14日

オススメ投資本 No.124 「稲盛和夫の実学―経営と会計」   稲盛 和夫 著

稲盛和夫の実学―経営と会計


稲盛和夫って、実は有名な人みたい。

なんとなく聞いたことあると思ったら、京セラの会長だそうです。

この人の本がスゴイらしい、と聞いて読んでみました。



最初は、仕事の進め方の参考になればいいな、と思ってました。

だけど、読めば読むほど、資産運用にも通じることが書いてある。

だもんで、オススメ投資本として紹介することにしました。



とは言っても、とっぴなことが書いているわけではありません。

お金を大切にしよう、とか、普通のことが書いてます。

ただし、単なる「普通のこと」ではありません。

重い実体験がベースにある、大切な大切な「普通のこと」なのです。



中でも心に響いたのは、2つの言葉。

 「キャッシュベースで経営する」
 と
 「土俵の真ん中で相撲をとる」



いわく、
「お金のことをつねに心配していては仕事ができない。
 そのため、ぎりぎりの資金繰りは決してしないようにしなければならない」

「土俵際に追い詰められ、苦し紛れに技をかけるから、
 勇み足になったり、きわどい判定で負けたりする。
 それよりも、どんな技でも思い切ってかけられる土俵の真ん中で、
 土俵際に追い込まれたような緊張感を持って勝負をかけるべきだ」



これは、資産運用にも、そのまま通じることです。

ロスカットや含み損・含み益を心配するようでは、いい投資はできません。

土俵際に追い詰められてからの判断は、たいていが失敗します。

お金にも精神的にも余裕を持って、ドンとかまえる。

それが大切、ってことは、これまでの反省から痛いほど実感できます。



他にも、「筋肉質の経営に徹する」というのもありました。

・中古品で我慢する
・固定費の増加を警戒する
・投機を行わない

の3つです。

これも痛いとこ、ついてくるなぁ。

しみじみ味わい深い本なのでした。

お試しあれ。





---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産651万円 / レバレッジ2.02
   今年のスワップ金利収入   14.5万円
 (1月/4.3万円、2月/3.9万円、3月/4.4万円、4月/2.0万円)
   今日のスワップ金利収入 5809円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

766豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1348円 (うち1288円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89/90/91/92円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/4AUD, 3月/4AUD, 4月/1AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 
タグ:経済的自由

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。