2015年08月23日

オススメ投資本 No.144 「なぜかお金が貯まる手帳術」   野呂 エイシロウ 著

資産運用の本が大好きです。

本屋でも図書館でも、つい目がいく。

でも、なんだかウサン臭いのが多い気がする。

宗教ですか? 詐欺ですか? という本ばかり。



その中で、久しぶりの当たりがコノ本。

でも、第一印象は最悪かも。

最初のところに、こんなことが書いている。

「 レシートと領収書は”ハッピーの足あと”。
 リッチになりたければ、
 ムダなお金を片づけなさい!!」

・・・こりゃ、宗教系だな、って思いました。



だけど、読んでいくとマトモみたい。

いわく、
 ・その日につかった金額を記録しよう
 ・レシートと領収をスクラップしたらお金の出入りがわかる
 ・自分のためになる”ハッピー”なお金の使いかたをしよう
 
などなど。

著者が実際に、貯金できるようになった実践的な方法なのです。



他にも、オモシロイことが、いろいろ書いてある。

 ・「一生もの」なんてありえない
 ・オンラインショッピングでムダづかいしないコツ
 ・プレゼントは金額でなくインパクトで選ぼう



そして、「長財布なんて持っててもお金は増えない」。

そうだよなぁ、関係ないよなぁ。

お札を揃えていれても、お金は財布に増えないませんよね。

財布なんかにムダづかいしてたら、貯金なんてできないよなぁ。



明日から試せて、来週にはお金が貯まり始めそう。

なかなかオモシロイですぞ。






--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   7.2万ドル(平均購入額 67.6円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額528万円 / 資産864万円 / レバレッジ0.61
   今年のスワップ金利収入   13.9万円

   今日のスワップ金利収入 402円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円 2014年/39.0万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

878豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 5997円 (うち5969円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD、2014年/44AUD)
   (1月/3AUD, 2月/0AUD, 3月/3AUD, 4月/5AUD)
   (5月/3AUD, 6月/3AUD, 7月/3AUD, 8月/3AUD)

---------------------------------------------------------------


おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。
ラベル:経済的自由

2015年01月01日

オススメ投資本 No.142 「どうする定年 50歳から巻き返し! 」   日経ヴェリタス編集部 著

どうする定年 50歳から巻き返し! まだ間に合うマネー対策

この年末年始は、ことのほかマッタリでした。

おかげで都会で妻とお買い物。

その間に寄った本屋で見つけたのが、この本です。



「50才から巻き返し」、というのは切なくてイイ。

あと10年しか運用期間がないと、たしかアセる。

だけど、それだけに使えるコツが書いてるかも。

そう思って、読んでみました。



結論から言うと、目からウロコの情報ってのは書いてません。

だけど読み物としては、かなり面白い。



登場人物のキャラが立ってるのがイイのかも。

 計 順平(50) ・・・出世コースだけど、長男がニート予備軍。

 風任成行(50) ・・・40過ぎての結婚で、15歳下の 妻と2歳の娘がいる。

 高嶺華代(50) ・・・バリキャリだけど、親の介護が迫るおひとりさま。

それぞれの事情を抱えてて、なかなかの難問ぞろい。



だけど、定年までにキチンと解決できる道がある。

楽しく読み進めるうちに、自然と知識が入ってきます。

年始にノンビリ楽しむのにイイかもしんない。

さらりと読めちゃいます。





--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産743万円 / レバレッジ1.58
複利投資に使用する余剰資産 13万円
   今年のスワップ金利収入   0.2万円
 (1月/0.2万円)

   今日のスワップ金利収入 1011円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円 2014年/39.0万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

857豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 4880円 (うち4850円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD、2014年/44AUD)
   (1月/0AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 195 ZAR (平均購入額 9.7円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。
ラベル:経済的自由

2014年11月16日

オススメ投資本 No.141 「政務書が嫌がる『税金0円』の裏ワザ」   大村 大次郎 著

税務署が嫌がる「税金0円」の裏ワザ (双葉新書)

毎年、この時期になると税金が気になります。

最初のポイントは利益が20万円あるかないか。

これより少なけりゃ、確定申告しなくてイイ。

つまり税金ゼロです。



その以上なら確定申告が必要です。

メンドクサイけど、利益が大きいってことだから悪くはない。

でも、盗られちゃうのは毎回業腹。

なんとか少なくできんもんかいな、と悩みます。



ということで図書館で手にとったのが本書。

なにしろ『税金0円』というのがハートをわしづかみです。



税金ゼロの方法は、具体的には2つです。

事業収入や農業収入で経費をふくらませる方法。

そして不動産投資をする方法。



少子高齢化なので不動産投資は何だかコワイ。

だから事業収入で節税、ってのが良さそうです。

今での白色申告で経費を使ってますけど、もっと効率良さそうです。

なにしろ、本業の税金さえ相殺されてしまうのですから。



いろんなハードルはあるけど、検討の価値はアリアリ。

また勉強してみよ。





--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産737万円 / レバレッジ1.59
複利投資に使用する余剰資産 8万円
   今年のスワップ金利収入   34.2万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/3.4万円, 4月/3.2万円)
 (5月/3.3万円, 6月/3.4万円, 7月/3.3万円, 8月/3.2万円)
 (9月/3.0万円, 10月/3.1万円, 11月/1.8万円)

   今日のスワップ金利収入 1060円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

850豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 4578円 (うち4523円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/3AUD、4月/3AUD)
   (5月/4AUD、6月/3AUD、7月/5AUD、8月/3AUD)
   (9月/4AUD、10月/4AUD、11月/1AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 170 ZAR (平均購入額 9.6円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。
ラベル:確定申告

2014年10月26日

オススメ投資本 No.140 「お茶の水博士の金持ち老後入門」   プレジデント編集部 著

お茶の水博士の金持ち老後入門 (PRESIDENTマンガゼミナール)

「金持ち老後」と「貧乏老後」。

最近、よく目にします。

プレジデントみたいな雑誌で特集が多いからかな。



でも、ドキンとする言葉です。

やっぱ「貧乏老後」より「金持ち老後」がイイ。

人的資源がゼロになってからの貧乏老後は辛いです。



そこで今回紹介するのが「お茶の水博士の金持ち老後入門」。

お茶の水博士は、なぜか出てきません。

そして開けてビックリ、なんとマンガでした。



でも内容はなかなか本格的。

普通のサラリーマンが、普通に生活していると貧乏老後になってしまう。

そんな恐ろしい事実と、金持ち老後への道筋がきちんと書かれてます。



心に一番響いたのが、第3章。

「残酷定年」必至の家計簿公開!、があるあるの連続です。

いわく、
    ◯20代「自称堅実派」の非常識
    ◯30代「欲張りDINKS」の盲点
    ◯40代「教育費に年300万」の末路
    ◯50代「中流幻想」夫婦を襲うリストラ
    ◯夢のリタイア、緩む財布のヒモ


著者には申し訳ないけど、立ち読みでもサックリ読める。

ちょっと目を通す価値は十分にありますぞ。






--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産735万円 / レバレッジ1.60
複利投資に使用する余剰資産 6万円
   今年のスワップ金利収入   32.0万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/3.4万円, 4月/3.2万円)
 (5月/3.3万円, 6月/3.4万円, 7月/3.3万円, 8月/3.2万円)
 (9月/3.0万円, 10月/2.7万円)
   今日のスワップ金利収入 1001円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

848豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 4444円 (うち4423円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/3AUD、4月/3AUD)
   (5月/4AUD、6月/3AUD、7月/5AUD、8月/3AUD)
   (9月/4AUD、10月/3AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 160 ZAR (平均購入額 9.6円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

2014年09月28日

オススメ投資本 No.140 「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 2015」   橘 玲 著

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ


久しぶりの投資本紹介は、橘 玲の最新作。

「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」の改訂版です。

この本を読んでから投資に興味を持ったと言っても過言じゃない。

資産運用に対する考え方が一変した、鮮やかな一冊でした。



最近もちょいちょい読み返してました。

だけど、さすがに内容は古かった。

12年前の本だから、しかたない。

それは橘玲も感じていたらしい。



というわけで、改訂版。

原著を活かしながら、改訂と追記がなされてます。

改訂はもちろん、追記がオモシロイ。



最初の0章、『「黄金の羽根の羽根」ができるまで』が秀逸です。

橘玲自身の経験が書かれている。

だからこそ、経済的自由の大切さが改めて印象に残ります。



はじめて本書を手に取る人は幸いです。

原著を持っている人にとっても、高い価値があります。

あんまり本は買わないけど、この本は買ってよかった。

そう思ってます。





--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産733万円 / レバレッジ1.60
複利投資に使用する余剰資産 3万円
   今年のスワップ金利収入   29.1万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/3.4万円, 4月/3.2万円)
 (5月/3.3万円, 6月/3.4万円, 7月/3.3万円, 8月/3.2万円)
 (9月/2.9万円)
   今日のスワップ金利収入 1061円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

846豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 4284円 (うち4273円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/3AUD、4月/3AUD)
   (5月/4AUD、6月/3AUD、7月/5AUD、8月/3AUD)
   (9月/4AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 146 ZAR (平均購入額 9.6円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

ラベル:資産運用

2014年06月15日

オススメ投資本 No.140 「臆病者のための億万長者入門」   橘 玲 著

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)


橘玲の最新刊と言えば、クマは買わずにおれません。

アマゾンで予約して、できるだけ早く手に入れました。

ゆっくり読み込んで咀嚼して、ようやく半分くらい理解できました。

いつもながらの濃密さです。



ジャンルでいうと、資産運用の教科書です。

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」でしょうか。

でも、もっと本質的かつ重要な内容です。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門」の改訂版、というのが正しいと思う。



内容は、まさしく「億万長者になるための方法」。

最初にガツンとやられます。

  「億万長者になるのは簡単だ」
  「年金問題は個人的に解決できる」

から始まるんですから。



この2つを解決されたら、あとのハードルは一気に下る。

実際の資産運用メソッドの解説なので、自分に当てはめるだけ。

たぶん、この本の通りで億万長者になれる確率は急激に高くなる。



細かいところは紹介するとキリがない。

ぜひ手にとってもらいたいのですが、1つだけあげときます。

  「ゆっくり考えることのできるひとだけが資産運用に成功する」

これって、個人投資家へのエールであり激励です。

明日からも、一緒にユックリ考えようではありませんか!






--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産722万円 / レバレッジ1.62
   今年のスワップ金利収入   18.1万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/3.4万円, 4月/3.2万円)
 (5月/3.3万円, 6月/1.7万円)
   今日のスワップ金利収入 1099円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

832豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 3648円 (うち3599円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/3AUD、4月/3AUD)
   (5月/4AUD、6月/1AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 102 ZAR (平均購入額 9.6円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 

2014年06月01日

オススメ投資本 No.139 「貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい」   内藤 忍 著

貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

最初に書いとくと、この本はちょいと商売がかっています。

「おい、おい」、とツッコみたくなるとこも、しばしば。

だけど、やっぱり内藤忍の本はわかりやすい。

マニュアル本としては上々なので、ご紹介。



内容は3つのパートに分かれています。

まずは、資産運用が必要な理由と、いろんな注意事項。

次に、1000万円を作るまでの、基本的な資産運用法。

最後に、1000万円が用意出来てからの、上級者向け投資法。

他にもイロイロ書いてるけど、まぁオマケと思って読み流しましょう。



最初のパートを読んでると、「やっぱ内藤忍は頭がイイんだな」って思う。

たった40ページだけど、ファイナンシャル・リテラシーの粋です。

心に残ったのは、金融業界には2羽の鳥がいる、というお話。

「サギ」と「カモ」、です。

もちろん、「詐欺」と、鴨が葱を背負っての「カモ」。

うまいこと言うなぁ・・・



次に1000万円の作り方のお話。

ここはオーソドックスに投資信託がオススメ。

ノーロード、低信託報酬の投資信託でアセットアロケーションを組む。

基本的で、効率的な方法です。



そして最後に、1000万円貯まってからの投資法。

国債、ETF、REIT、FX、コモデティ。

投資の枠を広げ、さらにはコストを下げることもできる。

お金持ちが、さらにお金持ちになる理由です。



ここまでの内容は、とってもイイ。

最後の、実物資産への投資はクエッションだけど。

海外不動産とかワインとか、ちょっとムリ。

なんかアヤシイ勧誘でもされそう・・・



内容の90%は良書です。

残りの10%も読み物としてはオモシロイ。

見分けるのにファイナンシャル・リテラシーが必要だけど。

ということで、中級者向けの本かもしんない。

でも、オモシロイですよ。

ご一読くださいませ。

図書館にあるかもしんないし。





--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産719万円 / レバレッジ1.63
   今年のスワップ金利収入   16.3万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/3.4万円, 4月/3.2万円)
 (5月/3.3万円, 6月/0.1万円)
   今日のスワップ金利収入 1126円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

831豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 3565円 (うち3550円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/3AUD、4月/3AUD)
   (5月/4AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 94 ZAR (平均購入額 9.6円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 
ラベル:資産運用

2014年05月25日

オススメ投資本 No.138 「ホントは教えたくない資産運用のカラクリC 新バフェット流で資産形成」   安間 伸 著

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ4 新バフェット流で資産形成

「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ」の第4弾。

これまでに、
 投資と税金篇タブーとリスク篇錬金術入門篇を紹介してきました。

どれも劣らぬ名著ぞろい。

何度も何度も読み返しています。



こんどの本も、やっぱりスゴイ。

バフェット本の決定版といってもイイかもしんない。

というのも、バフェット投資の本質を教えてくれるから。



バフェット自身が、どういう投資をしているか。

それを教えてくれる本はタクサンあります。

だけど、そんなのを知っても応用がムズカシイ。

だって投資のタイミングが違うから。

同じ株を今から買っても、たぶんダメ。



そこんとこを本書は教えてくれます。

バフェット投資のエッセンスと、バフェット銘柄の選び方。

そして、どんな風に投資をしていけばイイのか。

最初のパート1で書いているのですが、これだけで大満足の内容です。



そして、ロング・ショートやオプションについても書いている。

個人的には、オプションの章が秀逸です。

「ブラックスワン待ちオプション戦略」に興味が大。

かのタレブが実践している投資法です。



たいして内容を解説していないのに、けっこうな長文になっちゃった。

ぜひ手にとって見てくださいな。





--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産719万円 / レバレッジ1.63
   今年のスワップ金利収入   15.8万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/3.4万円, 4月/3.2万円)
 (5月/2.7万円)
   今日のスワップ金利収入 1032円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

830豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 3516円 (うち3505円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/3AUD、4月/3AUD)
   (5月/3AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 90 ZAR (平均購入額 9.6円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 
ラベル:資産運用

2014年05月18日

オススメ投資本 No.137 「内藤忍の資産設計手帳のすすめ」   内藤 忍 著

内藤忍の資産設計手帳のすすめ

この本、以前にも手にとったことがありました。

その時は、正直なところオモシロイとは感じませんでした。

投資手帳、というアイデア自体がありきたり。

資産だけじゃなく、時間管理もする、ってのもイマイチ。

夏休みのスケジュール表、みたいなニオイがする。

めんどくさくて、続けられそうもない。



今も、やっぱり、そう思う。

だけど、内容を一読しての印象は変わりました。

「投資手帳」はともかくとして、投資のアイデアはいっぱい詰まってる。

ページをめくるごとに、発見があります。



最初のプロローグに、グッときました。

「資産運用は勉強をしてもなかなか実際に成功することができません」

そうなんです。

勉強が実を結ぶのに時間がかかっちゃう。



そんな私たちに、ひとつの解答をくれるのが本書の主旨。

いわく、「仕組みを作ればお金は殖える」。

「資産運用で成功している人に共通するのは、自分の資産管理を几帳面に続けていること」

「資産管理をしっかりやるだけで資産運用は成功に近づけます」

「本書はそんな資産を管理する仕組みの作り方を学ぶためのものです」



もちろん、この本を読んだからって、すぐに資産が殖えるわけではありません。

だけど、「手帳」というキーワードで「資産運用の仕組み」を作る方法を理解できる。

投資初心者も中級者も、一度目を通して見る価値は十分にあります。

それぞれのステージに応じて得られるものがイッパイあるはず。





--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産719万円 / レバレッジ1.63
   今年のスワップ金利収入   15.0万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/3.4万円, 4月/3.2万円)
 (5月/2.0万円)
   今日のスワップ金利収入 1014円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

829豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 3482円 (うち3460円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/3AUD、4月/3AUD)
   (5月/2AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 86 ZAR (平均購入額 9.6円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

2014年04月20日

オススメ投資本 No.136 「タックスヘイヴン TAX HAVEN」   橘 玲 著

タックスヘイヴン TAX HAVEN

待ちに待った、橘玲の新刊。

それも、永遠の旅行者以来の小説です。

これを待っておりました。



橘玲は小説家ではありません。

資産運用の専門家、と思ってます。

だけど、小説がめっぽう上手い。

クマのイチバン好きな小説は永遠の旅行者ですもん。



だけど、今回のも、すごくイイ。

前作の永遠の旅行者、前々作のマネーロンダリングの正統進化。

微妙に繋がっているところもあって、ファンにはたまりません。



登場人物は、いつもの通り、魅力的。

クールでシャープで温かい。

主役はもちろん、みんなイイ。



そして金融のテーマは・・・

いつもの通り、みっちり詰まってて、まだ消化できてません。

何度も何度も読まなくっちゃ。



これは是非、ご一読を!






--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産716万円 / レバレッジ1.64
   今年のスワップ金利収入   12.1万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/3.4万円, 4月/2.3万円)
   今日のスワップ金利収入 1042円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

824豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 3322円 (うち3272円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/3AUD、4月/1AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 67 ZAR (平均購入額 9.5円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 

2014年03月23日

オススメ投資本 No.134 「カイジ「命より重い! 」お金の話]   小暮 太一 著

カイジ「命より重い! 」お金の話


知ってる人は知っている「カイジ」。

映画にもなりました。

命をかけたギャンブルがテーマのマンガです。

喉がヒリヒリするほどの緊張感がたまらない。



そのカイジが、表紙に大きく印刷されてます。

ま、この手の本はたいがいツマラナイ。

マンガ人気に便乗してるだけ。

10分もかからずに読めちゃう。



だけど、本書はぜんぜん違う。

カイジの世界を切り口としてマネーの世界を説く良書です。

テーマの選び方もキレッキレ。

だって、最初の章が、

   「ようこそ、クズのみなさま」。

ですもん。



そして、1章の「給料が少ない・・・? 現実を見ろ!」。

ここには重要な真理が書いてます。

それは給料の決まり方。

仕事の優劣だけで決まるわけではないのです。

これを知らなくては、給料はいつまでも上がらない。



次の2章は「金は、自分で守らねばならないのだ!」

個人的には、これがイチバン大切な内容。

ひたすら、借金の怖さを説いてます。

保証人も絶対ダメ。

同じことを西原理恵子も本多静六も言ってます。

絶対の真理なのでしょう。



残りは、
 3章 知らないやつは、勝負の前に負けている!
 4章 圧倒的勝利を呼ぶ、マネー思考を身につけろ!
 5章 お金に振り回されないために、本当に必要な力

資産運用の実践編。

ファイナンシャル・リテラシーがステップアップすること間違いなし。



そして、カイジのマンガがはさみ込まれているのがイイ。

マンガ自体の面白さと本の内容との絶妙マッチ。

説得力がいや増します。

軽く読めちゃうので、どこかで手にとってみて下さいませ。





--------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   15.4万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1173万円 / 資産713万円 / レバレッジ1.65
   今年のスワップ金利収入   9.0万円
 (1月/3.4万円, 2月/2.9万円, 3月/2.5万円)
   今日のスワップ金利収入 1110円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

822豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 3146円 (うち3133円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/4AUD、2月/3AUD、3月/2AUD)

---------------------------------------------------------------
<ZARコスト・トレード>
保有ポジ: 48 ZAR (平均購入額 9.4円)
---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 

2014年01月05日

オススメ投資本 No.132 「そろそろ会社を辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか」   山口 揚平 著

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか


稼ぎの基本は働くこと。

人的資本をお金にするには、働くのが手っ取り早い。

そんな風に思ってます。



仕事を辞める気はないんだけど、経済的自由にはなりたい。

だから資産運用もするし、副業もする。

そして、できたら効率的にお金を稼ぎたい。

そのためのヒントになるが本書です。



テーマになるのは「『好き』で『食う』には何が必要か」。

著者いわく、儲ける工夫にはパターンがある。

その例としてあげているのが、

 1.ほとんど客が入っていないのに儲けている花屋
 2.200円の弁当で利益を出している弁当屋
 3.トリンプの下着ネット販売が好調なわけ
 4.東大合格者をたくさん出しているサピックスは代ゼミに買収されたけど、
   東大合格者をほとんどだしていないベネッセが好調なわけ



ひとつひとつ読んでいくと、「なるほど」という仕組みが隠されている。

くわしくは本を読んでもらうとして、大事なのはモデル作り。

土台は5つ、顧客、商品、課金の仕方、支払い方法、資源。

そして、それぞれに3つのパターンがあります。



イチバン基本的なのは、
 ・顧客は、個人
 ・商品は、商品そのもの
 ・課金の仕方は、スポット
 ・支払い方法は、本人が現金払い
 ・資源は、自己調達

これを、ちょっと変えるだけで儲かるチャンスが増えていきます。

例えば、支払い方法が本人でなく親、のモバゲーのように。



なるほど、と目からウロコの内容がたっぷり。

アフィリエイトのヒントにもなるかも。




---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産684万円 / レバレッジ1.93
   今年のスワップ金利収入   0.6万円
 (1月/0.6万円)
   今日のスワップ金利収入 2963円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円
    2013年/46.1万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

812豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 2738円 (うち2695円使用済み)
指値中:83円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD、2013年/44AUD)
   (1月/0AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 

2013年07月07日

オススメ投資本 No.128 「自分年金をつくる - 今からでも遅くない」   岩崎 日出俊 著

自分年金をつくる――今からでも遅くない!

今年に入ってからアベノミクスは絶好調。

先月に下げたといっても、まだまだ上昇途中です。

そんなこんなで将来予想も明るくなった気になっちゃう。

でも、もちろん、それは錯覚です。



日本の年金って、ホント蜃気楼みたいです。

追いかけても追いかけても、どんどん逃げていく。

60才支給が65才支給になり、そして70才支給が議論されている。

今の老人を支えても支えても、自分にはぜんぜん返ってこない。

だから「自分年金」っていうは、やっぱり重要な課題なのです。



というわけで読んでみたのが本書。

そのままストレートなタイトル、「自分年金をつくる」です。

内容はタイトルのまんま、どうやって自分年金をつくるかがテンコモリ。



まず最初に目標は「月7万円の自分年金」です。

公的年金で最低限の生活はできる、というのが前提。

確かに7万円の上乗せがあると余裕が違う。

公的年金がなくても、7万円あったら生きてはいけそうだし。



これを貯金で作る方法。

投資で作る方法。

不動産で作る方法。

いろいろな戦略が書いてます。



やっぱり大切な自分年金。

クマ式FXだけでなく、いろいろ戦略を組み合わせるのはアリ。

しっかり対策しなくちゃね。





---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産662万円 / レバレッジ1.99
   今年のスワップ金利収入   25.6万円
 (1月/4.3万円、2月/3.9万円、3月/4.4万円、4月/4.1万円)
 (5月/4.1万円、6月/3.9万円、7月/0.9万円)
   今日のスワップ金利収入 3768円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

786豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1818円 (うち1796円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/4AUD, 3月/4AUD, 4月/1AUD)
   (5月/6AUD, 6月/8AUD, 7月/1AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 
ラベル:自分年金

2013年06月23日

オススメ投資本 No.127 「澤上篤人さんに本気でぶつけた質問状128」   澤上篤人×ダイヤモンド・ザイ 著

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが日本一ブレない長期投資家澤上篤人さんに本気でぶつけた質問状128


澤上篤人と言えば、さわかみファンド。

長期投資のカリスマです。

応援できる会社に投資をしよう。

長期投資でお金持ちになろう。

ブレない主張が特徴です。



でも、賛否両論あるのも確か。

だから、ホントに正しいのかな、と心配にもなります。

それが確かめられるのが本書。



2005年から2010年までの雑誌連載を集めた本です。

だから、言っていることが正しかったのかを確かめられる。

はてさて、澤上篤人の主張はあたってるのかな?



答えは本書をみてもらうとして、主張は確かに一貫している。

骨子は3つ。

 ・安くなったら買って、高くなったら売る
 ・なんとかショックは買いのチャンス
 ・自分が応援したい会社の株を買おう

小泉相場でもリーマン・ショックでも言っていることは変わらない。



正直、「株で会社を応援する」ってのは理解しがたい。

ポジショントークにも聞こえてしまう。

だけど、他の2つの主張は正しいと思うのです。



なんとかショックでしっかり買って、相場が過熱したら利益確定。

底と天井を見極めるより、だいたいの所で売り買いをする。

相場を予測するんじゃなくて、相場の波にのる投資法。

サーフィンみたいな自然体。



さわかみファンドが、この理念を実践しているかは知りません。

だけど学ぶところはイッパイある。

また心を新たにして、来週からも投資していこ。





---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産661万円 / レバレッジ1.99
   今年のスワップ金利収入   23.9万円
 (1月/4.3万円、2月/3.9万円、3月/4.4万円、4月/4.1万円)
 (5月/4.1万円、6月/3.0万円)
   今日のスワップ金利収入 3688円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

784豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1742円 (うち1713円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/4AUD, 3月/4AUD, 4月/1AUD)
   (5月/6AUD, 6月/7AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 

2013年06月16日

オススメ投資本 No.126 「税務署員だけのヒミツの節税術」   大村 大次郎 著

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)

節税の本は数あれど、やっぱ税務署員が書いてるってのは価値があります。

餅は餅屋。

専門家の言っていることには説得力が大あり。

ましては「敵方」の手の内を知り尽くしている人ですから。



もちろん、違法なことは一つも書いてません。

多少グレーゾーンでも、脱税と節税はまったく違います。

「きちんと理由があるなら、しっかり経費を申告しよう」

そんな、フツーのことが書いてます。



ただ、内容はスッゴク深い。

「そんなこと、知らなかった」
「そんなことも、フツーに経費にできるんだ」

ということばかり。



例えば、
 ・控除を増やすマル秘ノウハウ、あれこれ
 ・旅行費用も経費にできる方法
 ・たいがいのことは交際費でOK
 ・パソコンや家具も経費になる
 ・直接関係ない雑誌もたいがいOK
 ・英会話の講習代もOK
などなど。



とても紹介しきれないので、ぜひご一読を。

とても読みやすいので、一気に読めますぜ。





---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産660万円 / レバレッジ2.00
   今年のスワップ金利収入   23.0万円
 (1月/4.3万円、2月/3.9万円、3月/4.4万円、4月/4.1万円)
 (5月/4.1万円、6月/2.2万円)
   今日のスワップ金利収入 5182円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

783豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1705円 (うち1671円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89/90円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/4AUD, 3月/4AUD, 4月/1AUD)
   (5月/6AUD, 6月/6AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 

2013年06月02日

オススメ投資本 No.125 「アメリカは日本経済の復活を知っている」   浜田 宏一 著

アメリカは日本経済の復活を知っている

昨年あたりに書店でよく見かけた本です。

その頃、いろんな日本礼賛本を目にしました。

日本が最強、とか書いているヤツ。

根拠もなく「サイキョー、サイキョー」と言っているだけでした。



だもんで、「またショーもない本か」と思って手にとったこともありませんでした。

それが、コメント欄でLinksさんに教えていただき、ようやくゲット。

ページをめくりはじめたらオモシロクて、一気読みです。



何がオモシロイって、まずは浜田教授の「熱さ」です。

かなりのご高齢なのですが、熱気ムンムン。

日本が立ち直るための処方箋を語るわ、語るわ。

その心意気が胸に突き刺さります。



書いているのは、リフレ政策の話。

 ・量的緩和を本気でやれ
 ・インフレターゲットを2%以上で宣言しろ

みたいなの。

そしたら日本経済は立ち直りはじめるだろう、と書いてます。

そして、その正しさは、ほぼ完全に証明されました。



財政が破綻しない、ハイパーインフレはこない、ってところは理解不能。

っていうか、も一つ根拠がはっきりしない。

だけど、デフレを脱却しなくちゃ始まらない、というのは真理です。



この本に書いているのは浜田教授の持論。

そして世界中の経済学者のコンセンサス。

それを実行すれば、不必要な重しから日本経済は自由になる。

そうすれば、本質的に優秀な日本企業は立ち直ることができるはず。



だからこその、本書のタイトルなのです。

アタリマエのことを実行するだけで日本は復活する。

まさに「アメリカは日本経済の復活を知っている」のです。

あー、おもしろかった。





---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産659万円 / レバレッジ2.00
   今年のスワップ金利収入   21.2万円
 (1月/4.3万円、2月/3.9万円、3月/4.4万円、4月/4.1万円)
 (5月/4.1万円、6月/0.4万円)
   今日のスワップ金利収入 3946円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

775豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1629円 (うち1582円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89/90/91/92円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/4AUD, 3月/4AUD, 4月/1AUD)
   (5月/6AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 

2013年04月14日

オススメ投資本 No.124 「稲盛和夫の実学―経営と会計」   稲盛 和夫 著

稲盛和夫の実学―経営と会計


稲盛和夫って、実は有名な人みたい。

なんとなく聞いたことあると思ったら、京セラの会長だそうです。

この人の本がスゴイらしい、と聞いて読んでみました。



最初は、仕事の進め方の参考になればいいな、と思ってました。

だけど、読めば読むほど、資産運用にも通じることが書いてある。

だもんで、オススメ投資本として紹介することにしました。



とは言っても、とっぴなことが書いているわけではありません。

お金を大切にしよう、とか、普通のことが書いてます。

ただし、単なる「普通のこと」ではありません。

重い実体験がベースにある、大切な大切な「普通のこと」なのです。



中でも心に響いたのは、2つの言葉。

 「キャッシュベースで経営する」
 と
 「土俵の真ん中で相撲をとる」



いわく、
「お金のことをつねに心配していては仕事ができない。
 そのため、ぎりぎりの資金繰りは決してしないようにしなければならない」

「土俵際に追い詰められ、苦し紛れに技をかけるから、
 勇み足になったり、きわどい判定で負けたりする。
 それよりも、どんな技でも思い切ってかけられる土俵の真ん中で、
 土俵際に追い込まれたような緊張感を持って勝負をかけるべきだ」



これは、資産運用にも、そのまま通じることです。

ロスカットや含み損・含み益を心配するようでは、いい投資はできません。

土俵際に追い詰められてからの判断は、たいていが失敗します。

お金にも精神的にも余裕を持って、ドンとかまえる。

それが大切、ってことは、これまでの反省から痛いほど実感できます。



他にも、「筋肉質の経営に徹する」というのもありました。

・中古品で我慢する
・固定費の増加を警戒する
・投機を行わない

の3つです。

これも痛いとこ、ついてくるなぁ。

しみじみ味わい深い本なのでした。

お試しあれ。





---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産651万円 / レバレッジ2.02
   今年のスワップ金利収入   14.5万円
 (1月/4.3万円、2月/3.9万円、3月/4.4万円、4月/2.0万円)
   今日のスワップ金利収入 5809円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

766豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1348円 (うち1288円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89/90/91/92円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/4AUD, 3月/4AUD, 4月/1AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 
ラベル:経済的自由

2013年03月31日

オススメ投資本 No.123 「日本の国家破産に備える、資産防衛マニュアル」   橘 玲 著

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル

橘玲の最新刊は、なんと国家破産についてです。

日本の借金の残高は積み上がるばかり。

そんなの関係ない、といっている人もいますが、やっぱ由々しきこと。

借金は、いずれは返さなければならないのですから。



国家破産のコワイところは、何がおこるかがわかならいってこと。

だから、どう対処したらいいのかが、不安でしかたない。

橘玲は、まず将来のシナリオをハッキリと定義しています。



いわく、
「大地震や原発事故、戦争や内乱など、未来にはさまざまな不確実性が潜んでいます。経済的な混乱もそのひとつですが、そこにはふたつの大きな特徴があります。
 第一に、市場で起きる出来事は将来のシナリオをかなり限定できることです。
 日本経済の未来には、次の3つの可能性しかありません。」

  @ 楽観シナリオ:阿倍野ミクスが成功して高度経済成長がふたたび始まる
  A 悲観シナリオ:金融緩和は効果がなく、円高によるデフレ不況が続く
  B 破滅シナリオ:国債価格の暴落と高インフレで財政は破綻する


そして、最悪の場合でも恐れることはない、と説きます。

「ふたつめは、経済には強い継続性があることです。
 仮にBの「破滅シナリオ」が現実のものになったとしても、それは次のような順番で進行するでしょう。」

  第1ステージ:国債価格が下落して金利が上昇する
  第2ステージ:円安とインフレが進行し、国家債務の膨張が止まらなくなる
  第3ステージ:日本政府が国債のデフォルトを宣告し、IMFの管理下に入る

「ここで強調したいのは、別の単純な事実です。”危機”は第1ステージから第2ステージ、最終ステージへと順に悪化していくのですから、ある朝目覚めたら日本円が紙くずになっていた、などということは絶対にありません



具体的な資産防衛の方法は、みっちりと本編に書いてます。

だけど、序文に書いてある、ここまでの内容がコアです。

そして、帯の言葉を私たちは心に刻まなければ。

恐れる必要はない   しかし、備える必要はある!



自分だけなら、なんとでもなる。

でも家族を守るのなら、行きあたりばったりでは困ります。

しっかり保険をかけてとかなきゃね。

と、ここまでで、えらく長くなってしまいました。

中身の紹介は、また今度。





---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産649万円 / レバレッジ2.03
   今年のスワップ金利収入   12.6万円
 (1月/4.3万円、2月/3.9万円、3月/4.4万円)
   今日のスワップ金利収入 4166円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

766豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1265円 (うち1238円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89/90/91/92円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/4AUD, 3月/4AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 

2013年03月24日

オススメ投資本 No.122 「金持ち老後、貧乏老後」   萩原 博子 著

荻原博子の金持ち老後 貧乏老後

格差社会と言う言葉は好きではありません。

しかし、平均年収がだんだん下がっているのは事実です。

そして、高い年収を維持している人たちがいるのも、また事実。

定年を迎えた後の生活に大きな差が生まれるのは必然です。



なんとか豊かな老後をおくろうと、自分年金つくりを始めました。

いろいろプランを考え、シミュレーションしました。

そこで、いつでも悩むのが、リタイア後に必要な資金量です。

インフレとか年金不安とかいろいろあって、どう考えたらいいのが難しい。



この疑問に対する、かなり頼りになる答えを教えてくれるのが本書です。

例えば、老後に備えて自分で準備しておくべき金額。

これは1500万円としています。

詳細は中身を読んでもらうとして、確かな根拠のある回答の一つ。



そして、その1500万円を、どうやって貯めるのか。

それには、預貯金が中心、という立場。

老後の資産は減らすわけにはいかない。

だから、リスクは最低限で、キャッシュが全て。



とはいっても、1500万円って大金です。

それをどうやって捻り出すのかも大問題。

ローンもあれば、教育費もかかる。

そんな一つ一つの問題に的確なアドバイスを与えてくれます。



正直言って、著者の萩原博子さんって、大したこと言ってないと思ってました。

それが、本書を読んで認識が一変です。

キャッシュが大好きのキャッシー萩原。

なかなかバカにできませんぞ。






---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産649万円 / レバレッジ2.03
   今年のスワップ金利収入   12.0万円
 (1月/4.3万円、2月/3.9万円、3月/3.8万円)
   今日のスワップ金利収入 9555円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

766豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1222円 (うち1188円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89/90/91/92円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/4AUD, 3月/3AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 
ラベル:経済的自由

2013年02月17日

オススメ投資本 No.121 「世界一愚かなお金持ち、日本人」   マダム・ホー 著

世界一愚かなお金持ち、日本人 (ディスカヴァー携書)


これは痛い本ですよー。

最初から最後までイタイ。

ですが、反面教師として読む価値はある。



なぜ日本人が愚かなのか。

それは「とにかく貯めこむ」から。

アメリカ人は「借りてでもふやす」。

そんなアメリカ人に学ぼう、というのが本書の趣旨です。



というわけで、「アメリカの投資家に学ぶ資産運用のセオリー」。

 セオリー@ 「払い終える」よりも「借りなおす」
 セオリーA  良い借金なら、大いに結構!
 セオリーB  ひとつのかごに全部のたまごを入れるな

どんどんお金を借りていって、レバレッジをかけまくれ、ってことですな。



そして、どんな資産でお金を殖やしていくのか。

著者のオススメは、なんといっても不動産みたいです。

ローンを借りて不動産を買い、含み益を持って次のローンを借りる。

そう、リーマン・ショックまでのアメリカ人の典型的不動産投資です。



その結末は、みなさんがご存知のとおり。

レバレッジが逆回転して、あっという間に一文無しになる危険な投資です。

ホームレスが大量生産されたことでも有名です。



こんな粗雑な資産運用本でも、うまくいっている時には、それっぽく聞こえる。

円高の時には「米ドル60円になる」という人が幅をきかせる。

円安になってきたら「米ドルは120円になる」いう人の声が大きくなる。

金を買うべきだ、という人がいて、不動産が底値だ、という人もいる。



資産運用って、とってもムズカシイ。

人に教わるのは、もっとムズカシイ。

それを本書は教えてくれます。

これが「おすすめ」の理由。



でも、1つだけ心に残ったフレーズがありました。

「貧乏人は宝くじを買い、お金持ちは株を買う」

アメリカのことわざだそうです。

同じ買うなら、お金を産んでくれる資産を買う。

これは大切ですよね。

来月もまた、セゾン投信とETFを買おっと。





---------------------------------------------------------------
<クマ式スワップ運用・第1口座>

豪ドル   18.1万ドル(平均購入額 71.8円)
NZドル   0.9万ドル(平均購入額 46.4円)

--> ポジション総額1317万円 / 資産644万円 / レバレッジ2.05
   今年のスワップ金利収入   6.8万円
 (1月/4.3万円、2月/2.6万円)
   今日のスワップ金利収入 4383円
これまでのスワップ収入 
    2010年/79.0万円 2011年/77.2万円 2012年/55.9万円

---------------------------------------------------------------
資産60倍作戦口座

766豪ドル (元金 3.0万円) :スワップ 1013円 (うち996円使用済み)
指値中:84/85/86/87/88/89/90/91/92/93/94円

--> 複利運用でのポジション追加 (2012年6月運用開始)
 (2012年/16AUD)
   (1月/0AUD, 2月/0AUD)

---------------------------------------------------------------

おしてくださいな -->
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
たまに押してくれる方がちらほら。ヘタレなブログなのに、ホント感謝してます。
皆様にも良いことがありますように。

 
ラベル:経済的自由

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。